赤ら顔を上手に隠すファンデーションの選び方

MENU

赤ら顔を上手に隠すファンデーションの選び方

赤ら顔の私がファンデーション選びで工夫しているところは、まず、色味を選ぶことです。
ファンデーションの色味を間違えてしまうと、赤ら顔を強調することになってしまいます。
また、濃い色を使って赤みを隠そうとすると化粧が厚くなってしまう上に、汗などで鼻周辺の化粧が取れた時に化粧が残っている部分との差が大きくなり、あまりよくありません。

 

赤ら顔にはきちんと下地を塗って、まず色味を整えてからファンデーションをふんわりと塗った方が綺麗な肌色になります。
下地はグリーン系か、イエロー系の下地を使用するのがベストです。
白系やピンク系だと赤ら顔がかえって目立ってしまうので避けています。

 

私の肌にはイエロー系の下地が合います。私の場合、赤ら顔で肌の色が濃い目なので、グリーン系では不自然になるのです。
下地をきちんと塗って赤みをカバーしたら、やはりイエロー系のファンデーションをブラシを使って塗ります。
下地をしっかり塗っているところにパフを使ってしっかりファンデーションでカバーすると厚塗りになるので、ブラシを使う方がより自然になります。

 

合う色味や化粧品を見つけるまでは何度も失敗しましたが、ちょっとした工夫の積み重ねで今は赤ら顔の欠点を気にしない化粧が出来るようになりました。