顔の赤み化粧水

MENU

顔の赤みが気になっていました・・・。

以前から、顔が赤いよとたまに言われることはあったものの、
そんなに気にはしていませんでした。うちの家系的に肌が薄い感じなので
何となく顔に赤みがあるので、そんなものかなと思っていました。

 

ただ、私も大人になってからは恥ずかしいなと思うようになったので、色々メイクを工夫してみたり、
マスクで隠したりしたのですが、やはり鼻やほっぺが赤いのは気になります(*_*)
顔の赤みの原因を調べてみた所、皮膚の薄さや血管が原因らしいです・・・。

 

そこで、赤ら顔や顔の赤みに良いといわれている化粧水や乳液を探したところ、専用でよいものがいくつか見つかったので情報をシェアします。

 

私の使ってみた感想では、さすがに赤ら顔専用!と言っているだけあって、
ドラッグストアで買った敏感肌用化粧水とかよりも肌に優しくてよかった気がします。

 

 

私の場合、1位に挙げたやつが一番肌に合ったのですが、このページを見ている人はそれぞれの
肌質とかあると思うので、いくつか試してみるとよいと思います。


顔の赤み化粧水ランキング!

白漢しろ彩

 

総合的に一番良いと思うのは、赤ら顔をケアする和漢化粧水「白漢しろ彩」です。

 

こんな悩みを持つ方は一度試すとよいです。

 

・頬や鼻、あごがいつも赤い
・暑くもないのにいつも顔が赤い
・ニキビの後の赤みが引かない
・敏感肌で肌に合うものがなかなかない
など。

 

2つの実証結果

 

しろ彩はデータ的にもしっかりしている顔の赤み化粧品で2つの実証試験を行っています。

 

@86%の被験者の赤みの軽減
 フランスの地中海から抽出した海洋性エキスの働き

 

A敏感肌の人の93%が高評価

 

敏感肌の方を集めて皮膚科医が評価してみたそうで、しろ彩を使うと
93%の人が肌荒れ・刺激が見られなかったそうです。

 

化粧品というと、イメージの広告が多い中こういう風にしっかりと試験をしているというのはかなり好感が持てると思います(^^

 

 

当然、成分的にも肌の刺激にならないように無添加でパラベンやアルコールなどは使っていないです。

 

さらに、30日間の返金保証もついているので、万一肌に合わなかったとしても安心です。

 

今ならキャンペーン価格で、定期コースが定価5600円→4400円と20%オフなので、試してみるとよいと思います。

 

公式ページには、使った人の感想が写真付きで紹介されているので見てみると自分と同じ悩みの方がどういう風に変わっていったかわかるのでイメージがわいてよいと思いますよ。

 

→白漢しろ彩の詳細はこちらから

 

 

 

 

ULU(ウルウ)モイストミルク


2番目に良いと思うのは、ULU(ウルウ)モイストミルクです。

 

こちらは、日本ドライスキン研究所が販売しているオールインワン化粧品で赤ら顔で悩む人たちの間で口コミで人気です。
モニターに調査したところでは満足度98%でした。

 

ウルウは肌のバリア機能のセラミドに特に着目してセラミドを
肌の奥に浸透させる技術と、3種類のセラミドを使っているのが
特徴です。

 

セラミド3種
セラミド2:高い水分保持
セラミド6U:シミに働く、水分保持
セラミド3:しわに働く、水分保持

 

その他にも、完全無添加だったりと肌に優しい感じになっています。

 

成分的には、1位のしろ彩が、バリア機能の成分+4つの和漢エキスで
肌の調子を整えていくのに対して、ウルウがバリア機能の成分に特化した感じだと思います。

 

あと、しろ彩は、化粧水ですが、ウルウはオールインワン化粧品なので、ウルウの方がお手入れが楽という違いがあります。

 

洗顔後、ウルウだけ使っていればOKというのは、ずぼらな私には魅力的でした(笑)

 

今なら、web限定キャンペーン中で、定価4500円が20%オフの3600円(送料無料)になるので、1500円くらいお得になる計算です。
こちらのキャンペーンは数量限定なので気になる方は早めにチェックしておきましょう。

 

→ULU(ウルウ)モイストミルクの詳細はこちらから

 

 

 

オイズ(OIZ) PBジェル


美肌菌を使って、肌のバリア機能を高める美容液として人気なのはオイズ(OIZ) PBジェルです。

 

今まで保湿系の化粧水や美容液でダメという方は試す価値があるかなと思います。

 

人の肌には、常在菌というのがいて肌を守っているという話は時々美容雑誌などで取り上げられるので目にした方も多いと思います。

 

オイズは、肌の水分を補うだけでなく、肌を守ってくれる美肌菌を増やすことで肌のバリア機能をサポートしていく発酵美容液なのでこれまでいろいろな敏感肌用の美容液を試したけど効果なかった・・という方は試してみるとよいと思います。

 

赤みだけでなく、大人ニキビ、アトピーにも効果効能があるのでネットでは有名なスキンケア大学などにも紹介されています。

 

肌への刺激の少なさは、パッチテスト、アレルギーテストで証明されていますし、30日間の返金保証もついているので気軽に試せると思います。
1本使い切っても返金できるのでなかなか自信があるという事みたいです・・。

 

 

月間500本限定にはなりますが、オイズのPBジェルのお試しセットは今だけ4298円が特別限定価格の1899円(52%オフ)になっているので一度試してみるともありかなと思います。

 

→オイズ(OIZ) PBジェルの詳細はこちらから

赤ら顔(顔の赤み)になる原因と対策

顔がなぜ赤くなるか原因について調べてみました。

 

赤ら顔の、赤は血の色のようです。顔を流れている毛細血管というとても細い血管があるのですが、これが広がることで、顔の表面に赤い色が出てくるそうです。

 

外から見ると、血管の血が赤く見えるので、結果的に顔が赤いなと。
そういうもののようです。

 

確かに、白人の友達がいますけど、結構顔が赤い人が多いのは、肌が白いから赤が目立ちやすいのかもしれないですね。

 

対策としては、肌の調子を整えることです。

 

一つは、洗顔の見直しで肌への摩擦を避けることで肌荒れを防ぐと
肌の調子も良くなり、赤く見えにくくなるようです。

 

当然、洗顔の後の保湿のための化粧水や乳液なども肌荒れしにくいものを選ぶとよいようです。

 

 

あと、体内から良くする場合、毛細血管が広がりにくくする漢方薬などがあるようですね。

 

 

中度くらいの赤ら顔になると病院での治療を受けます。

 

これは、レーザーなどを使って、毛細血管を細くしたりするそうです。
皮膚科に行くとよいそうですよ。

 

 

軽度でも中度でも食生活や生活習慣の影響を受ける状態らしいのでバランスの良い食事と適度な運動と睡眠をとるのはやはり大事なようですね。

 

 

一方で、軽度の方は、病院に行ったけどよくならなかった・・・とかどうしたらよいかわからなかった・・・という話もよく見かけたのでこのページで紹介したような、赤ら顔専用の化粧品を使ってみるのも一つの方法だと思いますよ。